あっちこっちケイイチ 愛地球博

よたかの日記を兼ねたブログです

万博のトヨタ館見たさに徹夜してきました(夜)よたか

金曜日の夜から万博の北ゲートで徹夜してきました。当初、それほど万博に興味もなかったのですが、息子の慶亮が、5:30に自転車で行ってもトヨタ館に入れず、半泣き(本人否定)だったので、「一緒に徹夜してやるよ」と言って徹夜することになりました。
20:00慶亮が仕事場に来たので、そのまま地下鉄で万博会場へ向かう。
21:30万博会場に到着。とりあえず北ゲートへ行って警備員に話を聞く。
おやじ「徹夜組はどこで寝てるの?」
警備員「よく知らないけど、地下通路で寝てる人がいるようです」とりあえず地下通路へ向かう帰る人で寝袋広げるスペースもいので、もう少し様子見。

22:00人が引いたので、地下通路へ向かうそこで、再び警備員に聞く。
おやじ「徹夜組はここで寝てるの?」
警備員「ここは夜閉めるから並ぶならシャッターの向こうだよ」
そのまま地下通路を歩いてバスターミナルへ。すると、地下通路過ぎたあたりのスロープの脇に徹夜組と思われる人を発見

22:10すでに100人くらい並んでいた列の最後尾で聞く
道を隔てたところにまだ人がならんでいた。都合150人くらいかな?
最後尾の若い女性の後ろに並んぶとすぐにお婆さんが小学生くらいの孫2人連れて並んだ。聞くと結構並んでいるスペシャリストらしい。
話を聞きたかったけど、私たちはそのまま寝袋で寝る。「雨が降りませんように。」アスファルトが冷たい…

23:30寝付いた頃に移動のために起こされた。
最初並んでいたのは、バス停の脇の歩道だったけど、今度は、並ぶために作られたグリーンネットの中、ポールをたてて順番待ちの通路を作ってある。慶亮を起こして無理やり引っ張っていく。前にいたはずの女性がいない。みんなが躊躇していると、20代の男性が割り込んできた。しかし、まわりから非難の目を向けられるとすごすごと最後尾へ移動。警備員によると、5時までこのまま動かさないらしい。

周りをみると、すでに300人くらいかな?寝袋は10人くらいかな、後は、新聞紙とか毛布、厚着の人がほとんど、おそらく入場後荷物になるのを避けたのだと思う。でもこの時期寝袋じゃないと結構つらいよな。

0:00近くに語るおやじがいる。慶亮はすでに寝ている。
なんでも徹夜スペシャリストらしい。今日は企業館最後になる「シャチハタ」を狙っているらしい。うちは「トヨタ館狙い」だと告げると、「いままでは、この位置だと、整理券が5枚は取れる」日立:トヨタ:東芝:夢見る山:そのほか、の順番が王道らしい。しかし、最近人が増えて「殺気」だっているので、かならずしもそうもいかなくなっているようです。

日立を先にまわるか、トヨタからいくか迷いが生じて考えていたが、そのまま寝てしまった。語るおやじはまだ語っているみたいです。夢の中でパビリオンの整理券を集めていた。まさに「睡眠学習」