あっちこっちケイイチ サーバーライフ

よたかの日記を兼ねたブログです

macにPostgreSQLをインストール中よたか

twitterで、IKUKOさんの書込み見て「onedepo」をlocalにインストールしてみる事にしました。

でもね、このソフト「PostgreSQL」が必須らしい。
MAMPでローカルサーバ動かしている私のMacには、インストールされていないので「PostgrSQL」のインストールからはじめなきゃ。

でもね「PostgreSQL」には、win用インストーラーはあっても、mac用はない。
そこで、「MacPorts」を使ってインストールすることにする。

でもね、「MacPorts」は「X11」のライブラリを使う事が多いらしいので、まずはそこからインストールする事にする。

まず「OSX」のインストールDVDを出して、X11のインストールから…。

X11のインストールは難なく終わりました。そりゃ、純正ソフトだもん。
ターミナルでroot使うので、「NetInfoマネージャー」で、「ルートユーザーを有効」にしておく。

MacPortsは、インストーラーが付いてるので気にせずクリック。

ターミナルでルートになって、
$ su
Password: xxxx

MacPortsをアップデート
#port -d selfupdate

情報をアップデート
#port -d sync

postgreのリストを検索
# port list postgre*

で、このままインストール!
# port install postgresql83

redhatの aptみたいなもんだな。なんだ簡単じゃん。

でもちょっと時間がかかるなぁ。

先に「phpPgAdmin」落としとこ。
こちらは速攻でダウンロード。mampのディリクトリに置くとそのまま起動します。

まぁPHPだもんね。当然postgreには接続できない。

インストール開始からかれこれ1時間たつけど、まだ終わる様子がありません。
いい加減帰りたい。

明日にすれば良かった。