あっちこっちケイイチ PC10年使えず

よたかの日記を兼ねたブログです

娘のマックをセットアップしましたよたか

自分のマックは修理中。すこしだけの不便と、微妙になじまないWinの操作に懐かしいすがすがしさを感じているこのごろです。

さて、そんな父の思いとはまったく関係なく、昨日、娘は大学の入学式でした。
これで彼女もめでたく『リケジョ』の仲間入りをしたらしいです。

もう大学生なので、わざわざついて行く事はありませんが、北千種のキャンパスで保護者説明会が行われるとの事なのでイソイソと行ってまいりました。

他のご父兄の方は『センチュリーホール』から地下鉄に乗ってかなり歩いて、途中で基幹バスに乗り換えて来られてます。
この微妙なアクセスと、桜山との距離に不安をいだいた父兄から通学についての質問が出ていました。

入学式の後なのでほとんどの方はそれなりに礼装されてます。綿パンとコットンセーターはちょっとまずかったかもしれない。とはいえ、実はそれほど気にもしてなかったりします。

そんな事より、この狭いキャンパスの贅沢な設備にただただ驚いていただけでした。
北千種のキャンパス
『北千種のキャンパスのスタジオ』

そしてキャンパスを回る途中で懐かしい場所を発見。
名古屋工業大学グラウンド
『名古屋工業大学グラウンド』キャンパスの大きな窓から名工大グラウンドが一望できるんです。
別にここに関係者がいたとかじゃなくて、息子が小学校の時にここでサッカーの練習をしていたんですよ。芝生なんてほんの少ししか残ってない、ほぼ土のグラウンド。粘土質なので水はけも悪く、昨日くらいの雨でもぬかるみのようになってます。そのくせ、晴れた日には細かい土ぼこり。

そんな中で息子は3年間サッカーをやってました。
楽しいことより辛いことの方が多かっただろうに、父親が喜ぶのが嬉しくて続けたのかもしれません。

そんな事を一気に思い出してしまいました。

さて、そんな息子は息子で方針も決めて、今はがんばってるので、親としてはただ見守っているだけなんです。けど、娘の方は今から4年間でどれだけの事をするのか正直心配してます。

高校に上がった時もそうでしたけど保護者説明会で『こんな時期に芸術を志すのは並大抵ではない』とか言われて、あぁ、彼女は芸術の世界に足を踏み入れたんだと改めて思い知らされましたが、今回も同じです。

『日本一リケジョの割合が多い大学です』とか言われて、改めて『理系』なんだぁと思ってしまいました。

彼女の中には進む方向が明確なのでそんなレッテル一切気にしてないように見えます。そんな所は家族の中で一番逞しいのかもしれません。

そんなリケジョ娘でも、学校指定のPCはマックブックプロです。なんというか我が家『最強のマック』です。昨日からずっとセットアップしてますけど、一番の感想はヨセミテって使いづらい。

フラットなアイコンは別にいいです。こんなもの流行ですから。だけど、メールの調子が微妙に悪かったり、思った場所に思ったアプリが無かったり、ちょっと気持ち悪いです。
たぶん学校推奨のセットアップではないかも知れませんが、うちの環境を考えて彼女が使いやすい範囲でセットアップしました。
ちなみに、学校指定の「トレンドマイクロ製品」はインストールしてません。

さて、最後にアドビ製品。サイトには学割初年度1,980円/月とか書いてあるので、体験版をインストールしておいて、実際の授業が始まってからライセンス購入して最終セットアップでもいいかな。

とりあえず、イラレとフォトショップだけインストールしたけど、アドビに年貢を払うのがちょっと悔しかった。