あっちこっちケイイチ レビュー

よたかの日記を兼ねたブログです

特定の社員から受けているプレッシャーの備忘録よたか

ちょうど知人からこんな記事が回ってきました。
優しい人は損をする!そして、結果的に人に迷惑をかける
日々のストレスもありますし、人に迷惑をかけてしまう前にストレスを発散するために備忘録っぽくココに書いておくことにしました。ここから下はあくまで『ネタ』で『フィクション』です。

===============
特定の社員から受けているプレッシャーの備忘録です。
===============

彼女は、出勤時に挨拶をしても挨拶も返してくれませんし、私から何か言っても無視されることも少なくありません。彼女から声がかかるときはほとんど怒鳴り声です。

前回の記事の通り〝歩み寄ってきた〟と思った瞬間もありましたけど、どうやら幻想だったようです。今にして思えばストレッサー本人が何言ってんだかって感じですね。

2018/4/11 休憩時間
休憩時間を間違えてコーチルームで食事をとっていると「この時間は休憩じゃないと思いますよ」と声をかけられた。シフト表を見ると確かに間違えていたので、仕事に戻ろうとすると「30分だから入れ替えても構いませんよ」と言われたのでそのまま食べ続けていると、彼女は他の女性バイトと話を始めた。
「だいたい休憩時間が一緒とかなくね。ちょっと無理って感じなんですけど」
特定はしかねますが、この状況で突然のその話題なので私の事を指しているとしか思えません。そんな中、同じ場所で食べるのがどんなに苦痛だったのか想像に難くないと思います。

2018/4/19 17:30頃
プール監視を行っている最中に用事があって、コーチルームに入ると「あの人の声大きすぎてマジうざすぎ」と私の事を部屋中に響く声で誰かと話していました。
どうやら、私が入っているスクールでの声が大きすぎるとの意だと思うですが、私のいない場所でそういういった本人のいない場所で言われていると、不快ですし安心して仕事もできません。

2018/4/19 18:00頃
水着だけで片付けをしていて、帯状の何かが落ちていたので何かの落し物かもしれないと思って拾ったんだけど、布切れだったのでそのままほった。
そしたら「投げたゴミ拾ってください!」と強い口調でいつもの女性コーチが大きな金切り声で怒鳴られた。
他の作業中だったので、正直面倒だとは思ったのだけど対応しておかないと煩いので拾って、水着の裾に挟んでおいたんです。
そのまま作業を続けていたんですけど、布切れは何処かで落ちてしまってました。
そのあと「ゴミは拾いましたか?」と大きな声で聞かれたので「水着に挟んでおいたけど、何処かに落としました」と返事したら「探して拾って来て」と言われ、子どもたちやゲストの前で大きな声で「ゴミ放り投げるなんてありえん」と罵倒されてしまいました。
確かに最初にゴミを処理しなかったのは私の過失ですが、ゲストや子どもたちの前で罵倒されるほど悪いことなのでしょうか?
そのあと、彼女は高圧的に「これ捨てたゴミね」言いながら、何か白い紐のような物を持って遠くから私に見せました。

2018/4/19 18:00頃
上記と同じ時間帯の作業にて、コース変更する必要がなかったのでそのままにしておいたら件の社員から「コース変更してください」と指示があった。私は「変更はないと思います」と返事をしたが「いいからはやく」と言われ、一切聞いてもらえなかった。
結局コース変更は間違いだったので他のアルバイトがコースを元に戻していました。彼女から私には何も説明等はありません。


ここに書いてある内容はあくまでもフィクションです。特定の団体、個人とは一切関係ありません。