あっちこっちケイイチ nucleus

よたかの日記を兼ねたブログです

青春18切符残りの2枚(ただいま、中抜け中)よたか

晴海グランドホテル
朝食を摂るために5階から1階におりる。明るい中で見るとこのホテルちょっと不思議な感じ。
椅子とかテーブルとか無垢板に彫刻してたりして、調度品がやたら豪華。高級ホテルのよう。会議室もサファイヤとかゴールデンとかまるでポケモンのよう名前がついてる。

でも、壁とかすすけたベージュだし、部屋もビジネスホテルっぽい感じ。でもマットと枕の寝心地はとってもよくてビジネスホテルの比じゃない。

想像だけど、このホテルって高級ホテルとして建設したけど、なんらかの理由があって方針転換して研修センター付きのファミリー向けホテルになったのではないのか?

朝起きた時にベットメイク用のワゴンが置きっぱなしで通路が狭まかったり、豪華な調度品がミスマッチだなぁと思いつつも、ホテルの人たちの対応は、駅の側にあるビジネスホテルよりもずっと上で気持ちよく過ごす事が出来ました。ホテルの人たちありがとう!

3階に上がって出かける準備をしていると、andyさん到着。これからプレゼンやってくれるとの事でしたが、残念ながら聞けずにそのままホテルを後にして渋谷へ向かう事となりました。
勝どき橋から見た屋形船
晴海から池袋までは、「勝どき」から「月島」で乗換えで行くそうです。池袋到着は11:40なので、余裕だとおもいきや、サンシャイン劇場までの道が解らない。というか、見回してもサンシャイン60が見えない。

「劇場」の案内版があったので途中までいくけど、「国立劇場」気が付いて引き返す。ここでやっと、駅の反対だと気が付いて、抜け道を探しているけどわかんねー。

待ち合わせのサンシャインシティーのドトールに着いたのは12:01。
店内にカメラマンは居ないので電話をかけると後ろにいた。高校の同級生でこっちでカメラマンをやっている彼は本来の図々しい性格のせいでしょうか、スナップがとても上手。

今回の撮影は、劇場の入口で「まいあめ」を配る所を撮影するもの。素人が撮影するとちょっと引き気味で面白くない写真になっちゃうので、まさに彼は適役。
サンシャイン劇場での撮影風景
「嵐になるまで待って」レビューはこちらをご覧下さい。

撮影もスムーズに終了し観劇後にカメラマン夫婦とお茶して晴海のホテルに戻りました。

ホテルまで戻ると、丁度食事をとる寸前のメンバーが見えるので、急いで合流して夕食の席に着くものの、なんかテンションが低い。

どうしたんだろ?