あっちこっちケイイチ オンタイム

よたかの日記を兼ねたブログです

20代の女性に『先輩』と言われると、かなり舞い上がってしまう事を痛感しましたよたか

よたかサンプル名刺
結局、先週の土曜日はこの忘年会のためだけに東京に行く事になったのですけど、本当に楽しかったんです。

色あせたジーンズに、オレンジのジャンパーを羽織って会場までやってきたのですけど、今回の忘年会はどうしても黒のピンストライプのスーツを着ておく必要がありますので、早めに到着して会場で着替えました。
普段着よりもこのスーツ姿の方がみんなに解って貰えると思ったから名刺まで準備しました。

着替えてから立ち話していると、会場に入ってくる人から「よたかさん。はじめまして」と知らない人から声を次々と声を掛けられてしまいます。
殊勝な方なら「イヤ〜それほどでも」とか言うんですけど、ここはあえてキャラをつくって「いつも、ありがとうございます。これからも応援してください」とか言ってみました。

今回のパーティーに誘ってくれた人からは『立候補しそうな名刺ですね』と言われてしまった。
見なおすと、たしかにそんな感じがしないでもない。
そうか、来年は選挙があるし、選挙写真の企画でも提案してみようかな?

さて今回のパーティー会場は最近あまり感じた事がなかった〝華〟があります。女性の割合がやたらに多い。
まぁそれでも半分以下ですけど、最近の集まりはほぼ男性ばかりの熱いセミナーとかばかりだからとても華やかさを感じてしまいます。

まぁそりゃそうだ。女の子たちの半分以上が〝モデル〟だし。見せ方を知っていらっしゃる。
ましてやそんな彼女たちから「先輩ですよね。よたか先輩」とか言われたら、舞い上がらない方がどうかしてる。
グラビアに出てる娘とか、とてもじゃないけど見蕩れちゃうくらい可愛いかった。こんなかわいい娘がいるんだなぁって思っちゃった。

ダメだ。こんな事で心を動かしてはイケナイ。平常心を保つんだ。
そう言い聞かせてもムリ。どうしても口元が弛んでしまいます。

そしてこの日は、とんでもない女性と会ってしまいました。身長は175センチくらいかな?
顔立ちも整っていて話上手。きっと営業とかやってるんだろうな。クライアントには〝オヤジ殺し〟とか言われてるんだろうな。とか勝手に考えていた。
当然のようにこの女性も「大先輩」と呼んでくれます。
話に会わせて絶妙の相づちとツッコミをくれる。
こんな心地いいテンポで話をするのは何年ぶりだろう。
なんか小悪魔って感じ。いやオレより背高いんだけど。
挙げ句の果てに彼女にノセラレて第九のバリトンソロまで歌ってしまった。
本当に楽しい女性でした。

あぁこの感じってイイな。自分の小説のキャラクターに居なかったタイプだ。
書いてる作品のヒロインに彼女のキャラを使ってみよう。きっとしっくり来るはずだと、勝手に考えてました。

他にも、ゲーム会社の人とか、カメラマンさんとか来てて、かなり業界の根っこの話を聞けました。
お酒を飲めない強みって言うのか、酔ってないから話の内容はほとんどおぼえているんですよね。
「こうして小説に使えるネタは溜っていくんです」
なんて言うと、すごく喜んでくれる。まぁ書く時はもう一度確認取りますけど。

あと、料理もすごかったんです。
豚のモモの薫製一本削ぎ落としとか歯ごたえがあって旨かった。ただお店のお姉さんは3時間ずっと豚のモモを削いでてちょっと可哀想だったけど。

牛のたたきは山盛りだし、バゲットの上にはフォアグラの塊がのっかてる。
なんて豪勢なパーティーでしょう。お肉だけでお腹一杯とかありえない。
「残ったのは持って帰っていいよ」って言われたけど、名古屋までもって帰るのはちょっと恐いから遠慮した。
本音はご飯と一緒に食べたかった。


しかし、こう言ったパーティーってある意味「パフォーマンス」だと思うんだけど、すごく大事ですよね。開催するだけでみんなの結束が強くなる感じするもの。

「来年も一緒にガンバっていきましょう!」って叫ばれても、躊躇なく「おーっ」とか言っちゃう。
このグループに所属し続けて、この人たちに認めて欲しいって思ってしまうんでしょうね。

20代の頃は斜に構えて「無駄な事」とか言ってたけど、この会場にいる人達を見てるとつくづく必要な事だと思ってしまいました。
ちなみに、この感覚もどこかでネタにすると思います。

パーティーが終わってから2次会に行く人が多かったけど、「ムーンライトながら」の時間が微妙だった私は遠慮して名古屋まで帰って来ました。
結局、列車の中では眠れず、名古屋に帰ってから爆睡。約束していたお見舞いにも行けなかった。

2日つづけてブッチとかありえない。やっぱり年齢を感じてします。

とにかく、メールの確認をする為にPCを立ち上げる。FaceBookの友達申請が来てた。
あの女性から友達申請が来てました。
OKして、彼女のタイムラインを見ると、最近テレビの全国ネットに出てしまったらしい事が書いてあった。
彼女ならきっと受けるだろうなと思いながら、タイムラインを眺めてしまいました。