あっちこっちケイイチ オフタイム

よたかの日記を兼ねたブログです

久々にプールで泳いでるんだけどよたか

膝も痛いし、自転車だとすぐにムキになるし、汗でドロドロになるのもイヤなので久々にプールで泳ぐ事にしました。

もう20年以上も前のはなしだけど、キロ20分程度では泳げる程度の実力はあったので、そんなに抵抗はなかった。
一応4種目泳げる。まぁバタフライは25mで一杯だけど。

名古屋市内のスポーツセンターのプールは500円なのでとてもリーズナブル。あと定期券とか回数券とかもあるみたい。
1時間おきに5分間休憩とかもあるけど、好きなだけ泳いでていいのがいいですね。

午前中に行くと5人くらいしか居ないので、とりあえずクロールで流して、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライを泳いで行きます。調子いいとこの辺で「水をつかめる」感じがするけど、いまは無理かな。

五十肩だし左右のバランスもおかしいし、沈みすぎちゃう。なにより3ストローク1ブレスとかやると息きれて苦し過ぎです。
それでも、せっかく来たので500mくらいはタイム計っておきたいので計ってみるとちょっとビックリ。10分ちょっとで泳げてるんですよね。
しかもそれほど体力も使ってない。

10年も泳いでなかったのに、なんだすごいじゃないか!

ちょっとだけそう思ったんだけど、少し考えるとすぐに理由が解った。
クロールってさぁ、ほとんどの推進力は手のストロークなんですよね。泳ぎ方にもよりますが、キックは体を持ち上げる為にするんですよね。

つまり、体を持ち上げる事が出来れば、キック力が落ちてもタイム的にはそれほど変わらないんですよ。察しの良い方は気がついたと思いますが、体幹の脂肪のおかげで体が沈まないだけだったんです。

理屈がよくわからない方は、海洋哺乳類を思い浮かべてみてください。
アザラシとか、アシカとか、イルカとか、トドとか、ジュゴンとかあのあたり。みんな丸っこいでしょ。
連中にしてみると、アノ程度の脂肪が「一番効率的」なんだと思うんです。

そして、いまの私の体型はそこに限りなく近いという事ですね。

持論ですけど、多分水泳はダイエットに向いてないと思うんです。全く効果ないかというとそう言う訳では無いと思いますけど、体にいい影響が出るまでには時間かかるでしょうね。

そう考えると、他の運動やった方がいいようにも感じますけど、最近やっと「水を掴める」感じが戻って来たので、リラックスして泳げるようになって来たんですよ。ダイエットはともかく、心理的にはかなりプラスになってる気がするから当分続けて行くんでしょうね。

当面の目標は「楽に」1,000m泳ぐ事。

死にものぐるいで泳ぐんじゃなくて、楽にリラックスして泳ぐ事。
かといって、水面を漂うのとも違う感じ。ワンストロークを丁寧に、余裕を持って泳いで行く感じ。

そして、
プールの水の流れを感じながら泳ぐ事が出来ればベストかもしれません。