あっちこっちケイイチ オフタイム

よたかの日記を兼ねたブログです

ゴーグルを忘れて辛かったよたか

イグニオ(IGNIO) スイミングゴーグル (コンパクトタイプ) (IG-3S33086GG) クリアミラー
仕事が終わってから、東スポーツセンターのプールへゆる〜く泳ぎに行った。
ロッカーに荷物をしまう時に気がついた。
『あっ、ゴーグルとキャップ忘れた』
いつも使っているのは、IGNIOの白いゴーグル。

キャップは貸してもらえる。だけどゴーグルは無理。なので覚悟を決めてゴーグル無しで泳ぐ事にした。
とりあえず折り返しコースに入って泳ぎはじめた。

覚悟してたけど、やっぱり目にしみる。

それでも100メートルほど泳ぐと慣れて来た。ぼんやりとだけど水の中が見えてきた。
ただぼんやりとぼやけてるので、距離感がおかしい。コースのセンターラインがに沿って泳ぐのがちょっと難しい感じです。
フラフラしてるので、たまにコースロープに指先があたって痛い。

あと困ったのは同じコースの他の人が判別出来ない事。

コースの右側を折返して泳ぐので、前に遅い人がいても追い抜けない。だから泳いでいる人のペースを確認して、自分よりもペースが速ければターンする時に除けて先に行かせるのがマナーだったりします。

まぁ、みんながみんな守っているわけでもありませんけど、いつも顔を合わす人たちは気持ちよくスムーズに泳ぐ為に守ってます。

だけど、ゴーグル忘れてぼやけてると他の人を判別しにくいんです。除けるタイミングがナカナカつかめません。いつもよりも遅いのにちょっと困った。

それでもなんとか40分泳ぎきった頃、プールの休憩時間になります。
水から上がると目が痛い。

多分1,200位は泳いでると思うけど、そろそろ目の限界も近いと思っていたら、ふと声を掛けられた。
「なーにー。ゴーグルないの? オレもう上がるから貸してあげるわ」
いつも顔を合わせているおじさんに声を掛けられた。
オレもおじさんだけど。

目の痛さに堪えかねてもう出ようと思っていたけど、せっかく貸してもらったので、あと30分泳いだ。
合計で2,000くらい泳いだのかな。やっと30分続けて泳げるくらいまで体力が戻ったから、そろそろウェイトトレーニング再開してもいいかもしれない。

プールを出てロビーに行って、読書中のおじさんにゴーグルを返してお礼を言った。
プールで泳ぐときは大人げなくスピード出して、負けそうになると無理してクイックターンしたりする。そこそこお互い気にしてる仲だったりします。

少しだけ話をして、一度帰って自治会の七夕イベントに顔を出していたけど目が痛いのが気になる。
目を閉じててもどうにもなりそうにない。
七夕イベントが終わってから薬局へ目薬を買いに行った。
我慢出来ずにその場でパッケージを破り、目薬を差した

充血した眼球に広がる液体が、冷やりとした刺激で包み込む。
気が遠くなりそうなくらい気持ちいい。

目の痛さはおさまった……。というよりもより強烈な刺激で誤摩化された感じがしないでもない。

でも泳いだ後のここちよりだるさもあって、やっとゆっくり眠れそうです。