あっちこっちケイイチ オフタイム

よたかの日記を兼ねたブログです

『ABCD包囲網』は真珠湾攻撃のキッカケになったよたか

太平洋戦争が始まる前、日本は貿易制限をされていました。日本の新聞はアメリカ合衆国(America)、イギリス(Britain)、中華民国(China)、オランダ(Dutch)からABCD包囲網と呼んでいたらしいです。

経済制裁なのかな?
こうした国際的な孤立は日本の反省を促す事なく、中国での戦闘を激化させ、大東亜共栄圏として南方進出を進め、そしてナチスの口車にのって真珠湾に奇襲するコトになりました。

当時の日本の考え方がどうのこうの書くつもりはありません。この流れはすべてシナリオのある既定路線だったとも言われています。

誰のシナリオだったのか知りませんが、戦前に暴落した株を買い占め、戦中に多くの武器を供給し、戦後処理で利権を得ることができた人々がいたみたいですね。


さて、いま同じような事が起きてませんか?

北朝鮮をトコトン追いつめて爆発するのを虎視眈々と待っている誰かがいるのではないでしょうか?

きっとその人のシナリオには、中国とロシアの動きまで書かれていているんでしょうね。

いま本当にやらないといけないことは何なのか、一人一人が考える時期なんだと思います。

『池上さんが言ってるからそれが正しい』
なんて他人任せでふざけた事を言っている時ではないはずです。


個人的には、日本の選択は5択だと思っています。

1)今まで通り防衛はアメリカに依存する
2)中国と手を組んでアジアの連携を強化する
3)ロシアと協力して東アジアの平定を促す
4)核兵器をも視野にいれて軍備を増強する
5)スパイ活動に力を入れて各国の動きを封じる

しかしどれを取ってみても、憲法九条は守れそうにありません。

みんな勘違いしてると思うんだけど、憲法九条はそのテキストが素晴らしいのではなく、憲法九条を宣言できる状態を維持できているコトが素晴らしいと思うんですよ。

憲法九条は理想だと思うんです。どんな形にせよよくぞ何十年も掲げてこれたと思います。

でもね、多くの怠惰のせいで憲法九条を守れなくなっているのが現状だと思うんです。

政治家だけの責任じゃありません。
多くの財界人や、見て見ぬ振りをしてきたすべての国民の責任です。


これも個人的な意見なのですけど、一度憲法九条を手放す時期なのではないでしょうか?
そして、もう一度憲法九条を手に入れる努力を、しなければいけないんだと思います。


ちなみに、1941 の真珠湾攻撃の前の年、1940 に東京でオリンピックが開催される予定でした。
それほど時間がない気がします。

原爆ドーム
©shohei フリー写真素材ぱくたそ