はなまるスキン:デモ

はなまるセレクションで配布してるnucleus用のスキンのデモサイトです。

看板エリアです。「c34kbn」看板エリアです。
ホーム
hnmSite(基本編)
hnmSite(応用編)
hnmGreen(セミナ)
ダウンロード

ホーム >  hnmGreen(セミナ) >  5.hnmスキンの考え方(これから)

(ここのアイテムはnabiUeというタイトルで登録されてます)

hnmGreen(セミナ)
hnmGreenについて
サイトの紹介
1.色目、画像の編集
2.トップページの編集
3.サイズ配置の変更
4.各カテゴリのトップ編集
5.hnmスキンの考え方(これから)

はなまちやの通販ショップ



(ここのアイテムはnabiSitaというタイトルで登録されてます)

hnmGreen(セミナ)

5.hnmスキンの考え方(これから)

06年11月14日 

ひととおり、現状の仕事でやっている範囲の説明は終了したのですが、なぜ、nucleusなのか?ということと、これからどんな風に展開していくかを説明して今日のセミナを終了させていただきます。

いくつか、CMSをさわったのですが、時期的にしかたないかもしれませんが、tableタグでれいあうとしてあったり、プラグインで書き出したソースが ではじまったり、独自のコマンドを憶える必要があったらり“おもい通り”につかうにはほど遠く、それでも、手を入れてイメージに近い物を作ったら、バージョンアップ出来なくなった。なんてこともありました。

しかし、nucleusはフォームなどに入れて欲しくない改行があったりするものの、書き出すソースのほとんどが調整できます。(この部分がテンプレートですね)おかげでCSSがフル稼働させる事も可能になりました。

また、複数のサイトが運営出来るのも魅力です。しかも無料で…。

しかし、通常サイトであれブログであれ、nucleusの最大の欠点(?)はテンプレートとスキンの使い方だと思うんです。確かにこの部分のおかげで柔軟さは上がっているのですが、スキンの流用を妨げている部分でもあります。

hnmgreenを作ってから、blog用のスキンも作ったのですが、よけいにそれを感じましたので、これからは、hnmSkin全てについて共通のテンプレートで制作しようと考えています。

ブラウザを確認して携帯端末用に振分ける機能も制作に掛かってますので、それもあわせて、ブログも通常サイトも同じテンプレートを使い、skinフォルダも流用させれば、スキンの流用も簡単に出来るのではないかと考えてます。

「5.hnmスキンの考え方(これから)」についてのお問合せ

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
ホーム
hnmSite(基本編)
hnmSite(応用編)
hnmGreen(セミナ)
ダウンロード
Powered by | nucleus | hanamachi-Ya!

当サイトのコンテンツ等について運営者との間で生じた紛争の解決については、すべて名古屋地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。


(ここのアイテムはbanabanaというタイトルで登録されてます)