2005年02月の記事

ダーク通信No4(05.02.20)

ダーク通信 yotaka


なにを思ったのか彰俊さんまたこんなの作っちゃいました。写真だと大きく見えますが現物は高さ1mありません。


「打悪神社つくるから」と呼ばれ、見せられた図面は“ちょっと豪華な神棚”。
「今回は割と普通ですね」と言うとすかさず、「これ黒く塗ってね」というオーダー。
「気持悪りぃ」というと、「何言ってるの?神様迎えるまではただの工芸品です」とデザイナに言い切られた。


何日か後、家に部材がやって来た。とりあえず墨で塗りはじめる。作業が進む度に怪しさが増してくる。とにかく気持悪いので一晩で塗り上げて朝一でデザイナのところへ持って行っちゃいました。

黒い部材は職人さんによって組み立てられ、2、3日デザイン事務所に置いてあったのですが、彰俊さんは「カッコいいですね〜。なんかワクワクしてきました。」とか言ってる。
普通は、「ゾクゾク」だと思うけど…。
その間に件のデザイナ含め、みんな体調崩しちゃいました。まぁこの時期だし風邪はやってるし。


彰俊さんは、すっごく気に入って、そのままココリゾに持って行きました。それから何度か店に行ったのですが、他にお客さん居なかったなぁ。ただ、彰俊さんがいつもより暗い店内で、満面の笑みを浮かべて「カッコ良くって吸い込まれそうですよ。」とか危険な事言ってる。

すでに最後の仕上げをして『東京』に送ったらしいのだが、神を恐れぬこの所業、果たして吉とでるか、凶(狂?)なのか?


今回の行いを緩和するために(?)黒い手描き絵馬を大小2つ作りました。今年の干支の酉と背中のトライバルをあわせたデザインでなかなかかっこいいです。1点物なので、今回のツアーが終わる頃にあわせてオークションに出品します。
ただ、決して縁起のいい物ではないですし、今シリーズの厄が全て込められると思いますので、精神力に自信のある方以外入札しないでください。
by ハナマルおやじ
検索