摩擦 (08.10.17)

プロレスとか saito

物質であれ

人生であれ

ある方向に突き進めば、抵抗や反発、摩擦が生じる。

その摩擦抵抗というものが、かなりの難題であろう。

時にはその摩擦なるものに疲れ、自分自身が目指すべく目標地点を軌道修正し、変更してしまいたくなる事もあるだろう・・・

間違った方向へのベクトルであれば、進むこと事態論外だが、何かを成し遂げようと新たな試みをするには、その摩擦に対する消耗エネルギーは一際であり、克服せねばならない。

自分自身はおろか、他人や流れ、システムまでも変える事は、気の遠くなる仕事率である。

実績や肩書きがあれば、幾分抵抗率も少なくて済むだろうが、始めから持ち産まれる事はない。

イチから、自ら作り上げなくてはならないのだ。

そこにかかる莫大なエネルギー源を維持するのは難しいかも知れない。

夢、希望、願望、野望 etc・・・

その見果てぬ水平線の向こうには、未知なる世界が待っている。

その見果てぬ世界に辿り着けば、それが実績ともなる。

実績や肩書き等が欲しい訳ではない。

それは、自分自身が歩んだ後に出来る足跡の様なものだ。

一歩踏み込む、その新たな挑戦こそが己の人生に価値観と充実感を与えるのだ。

この人生という大海原の水平線の向こうに、まだ見ぬ世界がある。

見たくはないか・・・

なれば突き進もう・・・

我の為に・・・

コメント

コメントはありません

コメント送信

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
検索