前進と進化 (17.03.03)

心の探求 saito

人間として、自分自身として

常に前進し、進化して行きたいと思っている。



現実的にどうなのだろうか・・・

可能なのだろうかと考えてしまう事もあるだろう。

前進、進化と言っても

現実的に長い年月を生きて行く過程で

生理的そして物理的に後退、退化してしまう部分もあるのかもしれない。

そう思っている人も少なくないであろう。



それを自分自身に対する言い訳にすれば

自分自身が後退、退化している事を正当化出来る。



己が弱いのではなく、仕方ないことなのだと・・・



出来なかった事を

正統かする為に、後から付ける論理などは要らない。



理論事態も絶対ではない

条件が一つでも変われば・・・

絶対では無い。



新しい事例が出来た時に

それを証明する為に論理され、新たな理論が出来たり・・・



まずは挑戦する事なのだ。

更に、もし何かが後退したならば、別の所で補えばだけで

総合的に前進、進化すれば良いのだ。



進む事を、挑戦する事を恐れるな。

未知の領域に踏み込む事を恐れるな。



新たな体験や発見は

とても素晴らしく楽しい



一度きりの人生を

己自身の全てを使い切って堪能しなければ・・・



一歩踏み出せば、何かが見える。

投げかければ、波紋がうまれる。



後ろを振り返るな

目が前に付いているのは、前に進む為ではないのか

恐れるな

自分自身の新たな可能性を自ら開拓するのだ。



コメント

コメントはありません

コメント送信

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
検索