未知への道 (18.03.07)

プロレスとか saito

新たな境地への挑戦。

新たな境地へ踏み込む事は

かなりの勇気とリスクはある。


目標となるモデルがあれば

到達へのヒントとリスクの軽減

イメージも湧きやすいであろう。





しかし、しかしである。

自分自身の新たな境地であったり、前人未到等であれば

モデルに頼らず

後を追うのではなく

道のないところに自らが歩み、己だけの新たな道をつくろうではないか。

誰の真似でもなく、自分自身が生きた証ともなる

己だけの道を築く為に。

コメント

コメントはありません

コメント送信

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
検索