あっちこっちケイイチ

よたかの日記を兼ねたブログです

はてな?の質問「京都市近辺で、ロードレーサーで走れる場所」よたか

20歳ころ、京都でロードレーサー乗ってたのですが、京都の印象は、盆地なのでどこに行くにも山を越えないといけない。北山はもちろん、東へ琵琶湖へ抜けるにも、西へ行くにも、一山超えるのは覚悟しないといけない。
はてな?の質問「京都市近辺で、ロードレーサーで走れる場所」
北山を走るとき、一番利用したのは、周山街道(国道162)でした。
双ヶ丘から入っても、鷹峰近辺から入って、京見峠(地図上では前坂)から抜けても、行けるけど、どちらから行ってもそれなりに坂はきつい。

162をしばらく北へ行くと、また、峠があります。「笠トンネル」のある「笠峠」はたいしたこと無いけど次の「栗尾峠」はちょときつめ栗尾峠を過ぎて栗尾トンネルを抜けるとすぐに周山の街
(「はてな」で栗尾峠抜けてました。すいません。)

周山から、162を北上すると、昔国際ロードが行われた美山町へいけます。周回するなら、ここで、右に曲がって大布施経由で花背を目指します。大布施まではわりと平坦でした。(この辺の地図)表ほどではありませんが、裏花背もかなりきついです。峠の頂上に付いたら、『音楽鳴らして対向から来る路線バス』に気をつけて鞍馬まで降りて下さい。


北山方面でも唯一登りがきつくないのが、大原=途中峠の道になります。この辺の地図)市内から大原まで坂らしい坂は見当たりません。大原から途中峠までは、少々のアップダウンはあるものの、ゆったりした登りです。途中峠から北へ向かうと、花折峠を越して、日本海まで抜ける「さば街道」です。

ここは、長い坂を下りて琵琶湖に行くのがお勧めですが、琵琶湖へ降りると車が多くて結構走りにくいですし、京都へ帰るには、どこかしら峠を越す必要があります。宇治川ラインを下って宇治方面から北上すると、100km程度になるかな?

もし、元気なうちに峠をパスして後はゆっくりしたいのなら、このコースを逆に走るのもいいですね。山中越=西大津=堅田=途中峠=大原これだと、きつい峠が最初に来るので、割と楽しめます。堅田からの途中峠もそれなりに楽しめる登りです。(山中越の入口この辺の地図


さて、保津川くだりで有名な保津ですが、嵐山から保津峡へ入って、愛宕山を一周する感じでまわって周山街道へ抜けるコースです、保津まで行くと周回コースが取れません。(この辺の地図

「賽の河原」とされる、西院通って、「三途の川」の嵐山を抜け、心霊スポットのトンネルや、水尾のあたりで道が狭くなったり、時代劇に出てくる神社があったりとある意味、京都の醍醐味を感じるコースですが、峠の名前はなくとも、坂は結構きついです。なんせ愛宕山周辺ですから。

京都には見て欲しいスポットがたくさんあるのですが、ちょっと書ききれません。何かリクエストがあれば、コメントにつけてください。