あっちこっちケイイチ 習作

よたかの日記を兼ねたブログです

小説更新の告知についておぼえよたか

サーバールームと引籠る蜜蜂
いま、小説家になろうで更新してる『サーバールームと引籠る蜜蜂』についてのおぼえ書きです。

この作品本当は週一公開で半年程引っぱる予定だったのですけど、「なろう大賞」に応募する事にしたので週3回(月、水、金)の昼12時に公開しております。

最終章に至っては毎日公開する事になります。

それで、公開する時に告知している訳ですが、更新日の午前8時、午後12時、午後8時にTwitterで告知をするのが一番効率良さそうです。移動中だったり、寝ていたりして告知時間がズレたりするとその日のアクセスが2割くらい変わってきます。
告知の文章については基本テンプレートでも構わない見たいですけど、その日更新する分のキャッチを20文字くらいは入れた方がいいようです。キャッチ変えた時と変えてなかった時では明らかに反応に違いがでてます。

そこで1つ気がついたのですが、更新中の作品についてはTwitterから8割、後はFacebookと検索で来てくれてる方が多いようです。
と言う事は、私の場合新作については小説スタンドを使う必要はないのかもしれない。

小説スタンドのトップページからアクセスしてもらう事も少ない見たいですし、小説スタンドによっては検索に掛からないサイトもあります。なので、小説スタンドに掲載するメリットはそれ程ないのかもしれません。

この辺もう少しちゃんと書きたいので、そのうちにまとめますけど、自分のブログを使って作品を発表し、小説スタンドへは最初の3,000文字分程度アップして誘導しておけばいいような気がします。

小説スタンドによっては、運営がハッキリしない所、作品の使用権が明記されてない所などかなりありますので、本当に自分の作品を大事にしたいのであれば、しっかり考えておかないといけないと思います。

実はKindleでもうすぐ100冊売れそうなので、そろそろそう言った事を考えるのも許して貰えそうな気がしますし、トーナメントメーカーもそろそろ目処がついて来たので、土日はやっと作品を書く時間にあてる事ができそうです。

次の作品は「君といつまでも」例によって狙ってタイトル付けてます。内容は亡くなった奥さんの幽霊のお話。割とよくある設定だと思いますが、ちゃんと“よたかテイスト”で仕上げますので、よろしかったら是非ご覧ください。